法律相談のすゝめ┃相続問題のストレスを緩和させる術をマスター

弁護士

事務所相談の流れ

交通事故の話し合いをする

交通事故

大阪でありがちな自動車によって人間が轢かれると、交通事故に発展します。自動車に乗っていた人間は加害者で、歩行していた人間が被害者になります。通常であれば裁判所に持ち込むべき問題ですが、件数が多過ぎるため現場での解決が許されています。しかし現実には解決までの期間が長くなる事も多いため、裁判所の仕事を必要以上に増やさないための措置です。 話し合いを行う被害者についてですが、代理として保険会社の局員が担当します。つまり、加害者はプロの局員との話し合いに、臨まなければいけないという事です。当然ですが保険会社は話し合いを有利に進めようとします。それに対抗するためには知識が必要です。しかし被害者がそれを持ち合わせているとは限らないので、大阪でも弁護士事務所に依頼するようになりました。

交渉によって決まる示談金について

大阪で交通事故の話し合いを本人同士で解決しない理由は、示談金が大きく影響しているからです。示談金というのは交通事故の話し合いの場で決定する、加害者から被害者に対して支払われるお金です。 示談金は被害者が契約中の保険会社から支払われます。だから保険会社は少しでもダメージを小さくするために必死なのです。交通事故の被害者への配慮よりも、自社の受けるダメージを気にしています。 だから被害者側はそれに負けないように、弁護士を立てるべきなのです。被害者に雇われた弁護士は、出来る限りの示談金を引き出してくれます。 このように大阪で弁護士や保険会社が戦う理由は、示談金の支払い額でもめるからです。しかし被害者が現状回復を望むのであれば、弁護士に示談金の交渉を任せるべきと言えます。