専門家に相談する | 法律相談のすゝめ┃相続問題のストレスを緩和させる術をマスター

法律相談のすゝめ┃相続問題のストレスを緩和させる術をマスター

弁護士

専門家に相談する

お年寄り

遺産相続にともなって相続税の支払い義務を負うことになるケースが時折あります。たとえば残されていたのが借金ばかりだったような場合には、相続人が得る経済的利益はありませんから、相続税を支払う必要もありません。また、ほんのわずかな金額の預貯金だけが残されていたような場合にも、相続税を課せられるようなことはまずありません。なぜかというと、相続人の人数に応じた控除額が決められているためです。従来はこの控除額の金額が結構高額でしたので、普通のサラリーマンが相続税問題で頭を悩ませるようなことは滅多にありませんでした。しかし、税法の改正によって、従来であれば課税対象とならなかったような人も相続税の支払い義務を負うようになりました。その納税手続きが結構複雑であるため、弁護士の遺産相続サービスを利用する人が多くなってきています。弁護士に相続税の申告手続きを頼んだ場合には、概ね遺産額の0.5〜1%前後の料金がかかるようになっています。

弁護士の遺産相続サービスと一口に言っても、どの弁護士事務所の遺産相続サービスを利用するかによって、かかる費用の額が変わってきます。先ほど、かかる費用の相場価格は、遺産額の0.5〜1%前後だと書きましたが、それは旧報酬基準に基づいて料金計算が行なわれた場合です。現在、弁護士の料金は完全に自由化されていますので、旧報酬基準とは全く異なる料金設定にしている事務所も存在しています。もちろん安くなっている場合だけでなく、値段が高くなっているケースもありますので、複数の弁護士事務所の料金を比較してみる方がよいでしょう。事前相談や料金見積もりだけであれば無料対応としている弁護士事務所が多いので、まずは電話で問い合わせしてみることをおすすめします。